ブログ一覧

【借金】債務整理は地元の弁護士で

債務整理は石川県内の弁護士に依頼しましょう。

 借金の整理(自己破産、個人再生、任意整理、過払い請求等)の相談に来られる方は、みなさん、借金の返済に疲れ、再出発できるか不安を感じておられます。
 しかし、適切な借金の整理をした上でご自身の生活を見つめなおすことで、全員の方が再出発できています。

 適切な借金の整理をするためには、弁護士にゆっくり・しっかりと時間をかけて事情を聞いてもらい、みなさんの生活状況にあった対応をしてもらわないといけません。
 全国展開・出張をしている事務所は、大量の件数を扱うため、一人一人の方の事情を聞くには限りがあり、機械的に「処理」しているのが実際です。
 債務整理は機械的に「処理」することも不可能ではありませんが、「処理」では、せっかく債務整理をしても、ふたたび生活が破たんしてヤミ金に手を出し怖い目にあってしまうことになりかねません。

 みなさんが、適切な債務整理(自己破産、個人再生、任意整理など)を受けて安心して再出発できるように、債務整理は信頼できる地元の弁護士にご依頼ください。

 白山・野々市法律事務所では、安心して相談に来ていただけるように、初回の法律相談を無料でできるようにしています。もちろん、債務整理(自己破産、個人再生、任意整理、過払い請求など)の相談も無料です。
また、「弁護士費用(料金)」についても、HP上で明記しています。
安心してご依頼ください。
ご予約は、電話(076-259-5930)からお取りください。

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2015年10月01日

【借金】任意整理を無料でやってくれるところがあります

質問:任意整理を無料でやってくれるところはありませんか?

クレジットや消費者金融の借金の返済のために家計が苦しくなったり、返済が滞っていませんか?

多重債務者やその恐れのある方に対し、無料で、公正・中立なカウンセリングを行って、債務整理や生活再建のお手伝いをしてくれる公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会があります。
パンフレット(PDF)

公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会は、内閣府の認定を受けた信用できる団体なので、安心して相談できます。

<メリット>
無料で、クレジット業者や消費者金融業者と借金の返済方法について交渉をしてくれる。
②無料で、過去の貸し借りを法定利息で計算しなおしてくれて、適正額で業者に対し返済についての交渉をしてくれる。
③無料で、滞納利息・遅延損害金をカットした返済の形で交渉してくれる。
④もちろん、分割返済で提案することも可能。完済までの利息(将来利息)もかからないように交渉してくれる。
家計の見直しをしてもらえ、完済までサポートしてもらえる。
業者からの取り立ての電話もなくなります。

注意点
①過払い金があっても、過払い金の返還交渉はしてもらえない
自己破産や個人再生の申立て手続きもしてもらえない
③すでに訴訟中のもの等は取り扱っていない
※①,②,③の場合は、弁護士会や法テラス(法テラス石川)を紹介してもらえる。
事業債務(保証協会等)やヤミ金案件は取り扱っていない
⑤(金沢では)月1回(月曜日)しか開催していないので、自分の予定を開催日に合わさないといけない。
⑥家計を見直す意思と返済の努力が必要になる。

開催日は毎月第3月曜日(変更有り)です。
開催時間は午後1時から4時までとなります。

電話番号(金沢相談室)
0570-031640

公益財団法人による安心・無料の借金相談に、ぜひ一度相談されてみてはいかがでしょうか?
最近、予約が少なく空いているようですので、予約待ちはないと思われます。

ちなみに、白山・野々市法律事務所の弁護士(長門達志)が相談担当をしております(H29.3まで)。

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2015年10月01日

【借金】給料の差押えをされたら、自己破産で解決

質問:給料を差押えられたのですが、自己破産をすれば差し押さえを解除できますか?

 借金を返済せずにずっと放置していると、債権者から給料の差し押さえを受けてしまうことがあります。裁判所の差押命令が勤め先に届くことにより、原則として、給料の4分の1が差押えられてしまいます。しかも、その差押えは、借金を完済するまで続きます。

 毎月、給料の4分の1が差押えられてしまうと、他の債権者への借金返済もできなくなりますし、生活も苦しくなってしまう方もおられると思います。

 そのような方は、自己破産をすれば、以後の給料の差押えをされなくなります。
 ただし、自己破産の手続き(管財事件・同時廃止事件)によって効果が違いますので、ご注意ください。
 管財事件と同時廃止事件の違いは、【特集(自己破産)】(リンク)でご確認ください。

<管財事件>

1 給料差押えはいつから解除されますか?
 自己破産を申立ててから1~2週間後に、裁判所が破産手続開始決定を出します。
 その後、破産管財人が、差押命令を出した裁判所に、破産手続き開始決定がでていることを報告したら、給料差押えは失効します。
 失効後に支払われる給料から全額もらえるようになります。

2 自分で何かする必要はありますか?
 破産管財人が手続きをやってくれるので、自分ですることはありません。
 ただ、破産管財人には、給料を差し押さえられていることをお知らせしておいた方が良いでしょう。

3 破産手続き開始決定よりも前に支払われた給料は戻ってきますか?
 破産手続き開始決定よりも前に差押え命令に従って、勤め先が債権者に支払った給料の一部が戻ってくることはありません。

<同時廃止>

1 給料差押えはいつから解除されますか?
 自己破産を申立ててから約1か月後、裁判所が破産手続開始決定を出します。
 その後、ご自身か代理人が、破産手続き開始決定が出たことを、差押命令を出した裁判所に報告したら、給料の差押えは中断します。
 それから約2か月半後、免責許可決定が確定すれば、給料の差押えが失効することになります。

2 自分で何かする必要はありますか?
 差押命令を出した裁判所に、自分で(又は自己破産を依頼した弁護士に頼んで)、破産手続き開始決定が出たことを報告する必要があります。

3 すでに差押えられてしまった給料は戻ってきますか?
 破産手続き開始決定よりも前に差押え命令に従って、勤め先が債権者に支払った給料の一部が戻ってくることはありません。

 

<管財事件と同時廃止事件での扱いの違い>

1 管財事件の方が破産手続き開始決定が早くでる可能性が高いです。
  ただ、管財事件の場合、同時廃止よりも(予納金)約22万円多くかかります。

2 管財事件の場合
 破産手続き開始決定がでた後、執行裁判所に報告すれば、次の給料から全額もらえるようになります。
  同時廃止事件の場合
 破産手続き開始決定後から免責許可決定(確定)までの間に支払われる給料は、いったん保留(供託)されてしまうので、免責許可決定(確定)まで減額された給料しかもらえません。但し、免責許可確定後、保留(供託)されていた間の給料を受け取ることができます。

 

<他の差押え手続きは?>

 預貯金の差押えの場合も、自己破産をすることによって、差押えの解除ができます。
 管財事件の場合は、破産管財人が自由財産として認める範囲で返還してくれます。
 同時廃止事件の場合は、免責許可決定確定後に戻ってくることになります。

白山・野々市法律事務所では、安心して相談に来ていただけるように、初回の法律相談を無料でできるようにしています。もちろん、債務整理(自己破産、個人再生、任意整理、過払い請求など)の相談も無料です。
また、「弁護士費用(料金)」についても、HP上で明記しています。
安心してご依頼ください。
ご予約は、電話(076-259-5930)からお取りください

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2016年06月10日

【借金】大規模な災害にあって、借金が返せないとき

質問:大きな地震や洪水で罹災したため、借金やローンが払えそうにないときには、どうしたらいいでしょうか?

 大震災で被災した、住宅ローンを借りている方や事業性資金を借りている個人事業主さん達が、これまでの借金を抱えたまま生活や仕事を再建するのは大変難しいことです(いわゆる二重ローン問題)。

 そこで、東日本大震災を踏まえて、全国銀行協会の主導で、「自然災害により借金返済ができなくなった被災者が、借金の全部又は一部の減免を受けられる制度」(被災ローン減免制度)が策定されました。

 ただ、『被災ローン減免制度』とは、どのような制度で、どのようなメリットがあるのでしょうか。

<被災ローン減免制度の効果>

1 法的倒産手続き(自己破産、個人再生)によらずに、
2 相当額(※1)の財産を手放すことなく、
3 債務の全部又は一部の減免が受けられる制度です。(※2)

※1 上限:預貯金500万円+義援金+地震保険金の一部など
※2 概ね、土地を手放すか、土地評価額相当額(鑑定額)を返済することになる。

<メリット>

1 自己破産をするよりも多くの財産を手元に残せる(※1)

2 信用情報登録機関に登録されない(いわゆる「ブラックリスト」に登録されない
  制度利用中は、借金返済や督促は「一時停止」となる。

3 自己破産と異なり、保証人に請求がいかない可能性がある(※2)

4 制度の利用は無料でできる

※1 上限:預貯金500万円+義援金+地震保険金の一部など
※2 保証人も罹災している場合や親類以外が保証人になっている場合など

<デメリット>

1 法人は利用できない

2 手続きの最後に、特定調停を行わなければならない。

<利用できる条件>

1 災害救助法の適用がある災害に罹災したこと

2 支払不能であること
(1)夫婦の年収が額面730万円(税込)以下であること(パートタイマーを除く)
(2) 住宅ローン年間返済額+将来の住居費8万円(推定)>年収の40%

3 これまで真面目に返済しており、自己の財産状況を誠実に開示していること

4 免責不許可事由がないこと、など 

<手続きの流れ>

1 最大債権者に制度利用の同意をしてもらう。

2 全銀協に制度利用の申し出をする。

3 全銀協の支援専門家による債権者との調整(無料

4 債権者との合意(無料)

5 特定調停の申立(裁判所の利用料金が必要)

<大事なこと>

 東日本大震災のときには、金融機関がローンの減免に応じてくれることを知らずに、義援金や災害弔慰金などで、ローンを払ったり、返済計画の見直しをしただけで新たなローンを組んでしまって二重ローンに苦しんだ人が多かったそうです。
 大規模な自然災害にあったときは、まず義援金、弔慰金や地震保険金などをローンの支払いに充てたり、新たなローンを組んだりする前に、最寄りの弁護士にご相談ください。

 詳しくは、『全銀協のパンフレット』(PDF)をご覧ください。

白山・野々市法律事務所では、安心して相談に来ていただけるように、初回の法律相談を無料でできるようにしています。もちろん、債務整理(自己破産、個人再生、任意整理、過払い請求など)の相談も無料です。
また、「弁護士費用(料金)」についても、HP上で明記しています。
安心してご依頼ください。
ご予約は、電話(076-259-5930)からお取りください

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2016年06月10日

【交通事故】交通事故でむちうち症(頸椎ねんざ)になったらどうする?

質問:交通事故でむちうちになったら、何をしておいたらいいですか? 

交通事故でむちうち症(頸椎捻挫)になり後遺症が残る方は全体の1~2%といわれています。
 しかし、実際には、むちうち(頸椎捻挫)の痛みが残っているにもかかわらず後遺障害の認定を受けられなかった方や、治療中であるにもかかわらず保険会社から治療費の仮払いを止められてしまい泣く泣く示談に応じた方などが結構いると言われています。
 その原因の一つに、事故から間もない時期に、適切な医師の検査を受けていなかった点が挙げられます。

 むちうちといえば、頸椎捻挫と言われるように、捻挫(ねんざ)とは、外から見て症状が分からないことが多い種類のけがです。
 交通事故で、救急搬送された病院では、レントゲンを一枚とって、「骨傷なし」と判断され、その後の治療でも湿布を渡されるだけということも良く聞く話です。
 しかし、それでは、治療継続の必要性や障害が残存したことを第三者(相手方保険会社、自賠責保険料率算定機構等)に理解してもらえないのも仕方ありません。
 それゆえに、交通事故にあったら、医者まかせにせず、早期に、適切な医師の検査を受けなければならないのです。

 それでは、適切な医師の検査ってどういうものでしょうか。
 良い整形外科では、「1問診による事故発生状況、事故直後の症状、その後の受診までの症状経過、既往症の有無・症状の正確な確認を行い、2身体診察による全身状態(表情、歩行状態や動作)、頸部の局所所見、神経学的所見及び他部位の外相の観察を行い、3症状に応じたレントゲン検査(1方向からだけではなく、多方向からの撮影が必要です)とMRI検査を早期に実施し、4初診後1~2週間症状所見の推移を観察するそうです。(交通事故にあってから1カ月以内に受診することが前提です。)
 特に、「レントゲン検査(多方向からの撮影)」、「MRI」、「神経学的検査」は必須といえるでしょう。(「神経学的検査」はレントゲンやMRIなどの画像に、外傷が映らない場合、特に必要になります。)

白山・野々市法律事務所に相談に来られた方の中にも、MRI検査をしたところ、頸椎圧迫が認められた方もおられました。

適切な治療を受け、正当な保障を受けるために、交通事故でむちうち(頸椎捻挫)になられた方は、ぜひ、適切な医師の検査を受けるようにしてください。

 白山・野々市法律事務所では、安心して相談に来ていただけるように、初回の法律相談を無料でできるようにしています。もちろん、交通事故(自賠責請求、保険金請求、後遺障害認定申請、物損など)の相談も無料です。
また、「弁護士費用(料金)」についても、HP上で明記しています。
安心してご依頼ください。
ご予約は、電話(076-259-5930)からお取りください。

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2015年10月01日

【交通事故】交通事故に備えて弁護士保険特約をつけましょう。

交通事故ときのために、弁護士保険特約をつけましょう。 

最近、自動車保険の任意保険で、弁護士費用特約を付けている方が多くなっております。
弁護士保険のパンフレットを張っておきます。
弁護士保険(表)】・【弁護士保険(裏)】(PDF)

任意保険に弁護士費用特約を付けておられる方は、交通事故の当事者になった場合、弁護士に相談したり,依頼する費用が、御自身の金銭的なご負担はなく(無料で)、最大300万円まで保険から支払われます。

また、弁護士費用特約を利用されても、保険等級には影響しませんので、安心してご利用いただけます。

こども保険(損害賠償保険)やPL(製造物賠償)保険にも、同じように弁護士費用特約がついていることがあります。

もしものときは、弁護士に経済的負担なく(無料で)相談したり、依頼できる可能性がありますので、まずは保険証書をご確認されることをお勧めいたします。

 白山・野々市法律事務所では、安心して相談に来ていただけるように、初回の法律相談を無料でできるようにしています。もちろん、交通事故(自賠責請求、保険金請求、後遺障害認定申請、物損など)の相談も無料です。
また、「弁護士費用(料金)」についても、HP上で明記しています。
安心してご依頼ください。
ご予約は、電話(076-259-5930)からお取りください。

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2015年10月01日

【弁護士】あなたの保険から弁護士の料金を払ってもらえるかも【弁護士費用保険】

交通事故以外でも、こんなことがあったら保険会社に聞いてみよう! 

 最近、自動車保険の任意保険で、弁護士費用の特約をつけられる方が多くなりました。
 しかし、交通事故以外のトラブルでも弁護士費用(法律相談料のみの場合もあります)を保険会社が出してくれる場合があります。
 こんなトラブルに巻き込まれたとき、保険会社に弁護士費用が出ないかどうか聞いてみましょう。
 また、ご家族がトラブルに巻き込まれた場合にも使える場合があります。

火災保険に加入している方
・他人によって身体を傷つけられた。
・他人によって住宅や家財に損害を被った。
・建物外部からの物体の落下、平井、衝突、倒壊、家財の盗難

海外旅行保険
・旅行中にバックなどを盗まれた。
・旅行中のケガにより後遺障害が発生した。

団体の障害・医療保険
・暴漢に襲われ入院。手術をしたが回復しなかったが、後日、犯人が逮捕された。
・医療ミスがあり、身体障害者になった。
・離婚したい。
・遺産でもめている。
・アパート退去時の敷金トラブル
・子どもがいじめられた。
・近所で嫌がらせを受けた。
・自転車にぶつけられた。
・突然、解雇された。

個人賠償保険(自動車保険などに付帯)】
・自転車走行中に歩行者と衝突した。
・買い物中に誤って商品を壊してしまった。
・アパートで水漏れを起こし、階下のお宅の家具を汚してしまった。

ペット賠償保険
・契約している動物が他人や他人のペットにかみつくなどしてケガをさせた。

スポーツ賠償保険
・野球で打ったボールが道路走行中の他人の車に損害を与えた。
・子供会の行事で子どもがケガをし、指導者が管理上の責任を負った。
・団体活動の往復中、自転車で歩行者に衝突し、ケガを負わせた。

<パンフレット>
弁護士保険(表)】・【弁護士保険(裏)】(PDF)
 ※加入している保険会社によって特約の有無、内容は異なります。

こども保険(損害賠償保険)やPL(製造物賠償)保険にも、同じように弁護士費用特約がついていることがあります。

もしものときは、弁護士に経済的負担なく(無料で)相談したり、依頼できる可能性がありますので、まずは保険会社にご確認されることをお勧めいたします。

 白山・野々市法律事務所では、安心して相談に来ていただけるように、初回の法律相談を無料でできるようにしています。もちろん、交通事故(自賠責請求、保険金請求、後遺障害認定申請、物損など)の相談も無料です。
また、「弁護士費用(料金)」についても、HP上で明記しています。
安心してご依頼ください。
ご予約は、電話(076-259-5930)からお取りください。

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2015年10月01日

【交通事故】ペットが交通事故にあったら、慰謝料を請求できますか?

Q:かわいがっていた犬が、車にはねられました。家族同様の付き合いだったので、悲しくて仕方がありません。加害者に対し、慰謝料を請求することはできますか? 

交通事故によって、ペットが受傷した場合、民法に基づく損害賠償を請求できます。

この場合の損害ですが、死亡の場合はペットショップでの購入価格や、平均的な販売価格が損害賠償額の参考となります。
怪我の場合は、治療費が請求できると考えられます。

しかし、慰謝料の請求は、たとえ家族同様の付き合いをしていたとしても困難です。

ただし、ケースによっては、慰謝料を認めた裁判例もあります
たとえば、ペットをひいた加害者が責任を否定して誠意が認められなかったようなケースが挙げられます。
つまり、加害行為の態様や加害者の態度が悪質であれば、慰謝料が認められる場合があるということです。

 白山・野々市法律事務所では、安心して相談に来ていただけるように、初回の法律相談を無料でできるようにしています。もちろん、交通事故(自賠責請求、保険金請求、後遺障害認定申請、物損など)の相談も無料です。
また、「弁護士費用(料金)」についても、HP上で明記しています。
安心してご依頼ください。
ご予約は、電話(076-259-5930)からお取りください。

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2015年10月01日

【離婚】離婚するときに決めておくこと

質問:離婚するときに決めておくべきことはなんですか? 

 協議離婚届で決まることは、離婚と親権だけです。それ以外でも、離婚の際には、決めておいた方がいいことがたくさんあります。
 今回は、離婚の際に決めておくこと、決めておいた方がいいことをお話したいと思います。

1 子供について(20歳未満の場合)

親権者
どちらが子を引き取り、育てるか。親権者を決めないと離婚できません。

養育費
子供を育てるあたってかかる費用の一部負担を求めることができます。
原則として、子が20歳になるまでですが、子が18歳で自活している場合には不要だったり、大学在学中の場合には卒業まで発生することがあります。
養育費の額については、裁判所が「算定表」(リンク)を用意していますので、多くの場合、算定表が基準となります。
離婚の際に養育費を決めていない場合、裁判所の調停・審判で取り決めをすることができます。
調停等で決まった養育費の支払いがない場合には、給料の2分の1まで差押えをすることができます(養育費以外は、原則、給料の4分の1までしか差し押さえられません)。

面会交流権
子供と別々に暮らす親と子供が親子の交流をする権利です。
親子の交流が、子の福祉(健全な発達)のために必要であることから認められるものです。父母の仲が悪いという理由だけでは、面会交流ができない場合には、面会交流を求める調停を裁判所に申し立てて、裁判所が間に入って面会の調整してくれます。

2 金銭面について

財産分与
結婚から離婚(別居)までの間に形成した財産は、通常、夫婦のどちらか一方の名義で所有されています。離婚の際、一方の名義の財産を、それぞれの持ち分に応じて(基本的には2分の1)分け合うことができます。
 預貯金・養老保険・学資保険・有価証券・不動産(土地・建物)・車などがその対象になります。
 財産分与は、離婚後、2年以内に財産分与の調停申立て等を行わないと請求できなくなるのでご注意ください。

慰謝料
 明らかに離婚の原因を作った側が、他方から請求される金銭賠償のことです。
 不倫や暴力(DV)などが原因で離婚する場合には、慰謝料を請求することが可能です。
 ただし、配偶者の不倫や暴力があったことの証拠が必要不可欠です。証拠を見つけた場合には、離婚するつもりがなくても、確保するようにした方がいいです。あとで、離婚を考えたときに、泣き寝入りせずに済むからです。

年金分割
 夫婦であった間に、一方が納めた年金保険料の半額を他方が納めたものとみなして、将来支給される年金を双方が半分ずつ受け取るようにする制度のことです。
 平成19年4月までの分については、分割に関する合意が必要です。一番簡単な方法は、裁判所で年金分割の合意の調停申立てをすることです。なお、平成20年4月以降の分については、分割に関する合意は不要です。
 具体的な分割額は、お近くの年金事務所でお聞きになってください。
 また、年金分割の手続きは、離婚後2年以内に行うことになっています。期間にはお気をつけください。

 白山・野々市法律事務所では、安心して相談に来ていただけるように、初回の法律相談を無料でできるようにしています。もちろん、離婚(離婚の可否、慰謝料、親権、養育費、婚姻費用、財産分与など)の相談も無料です。
また、「弁護士費用(料金)」についても、HP上で明記しています。
安心してご依頼ください。
ご予約は、電話(076-259-5930)からお取りください。

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2015年10月01日

【相続】遺言書が行方不明!?

質問:遺言書をどこにしまっておけば良いのでしょうか? 

遺言書には、①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言の3通りの作成方法があります。

①自筆証書遺言の場合、遺言書の作成者(被相続人)が亡くなったとき、遺言書が発見できるかどうかが重要になります。

遺言書が見つからなければ、遺言はなかったものとして扱われてしまい、相続人たちが遺産争いを繰り広げることになりかねません。
遺言書の発見は極めて大事なことになります

 そこで、遺言書の発見のためには、親族等への聴取り調査にとどまらず、①遺言者が通っていた病院・福祉施設の関係者、②友人、③懇意の専門家(税理士、弁護士、司法書士など)への聴取をした方がいいでしょう。また、自宅のたんすの引き出しの他、銀行の貸金庫等も探してみるべきでしょう。

ここまでやっても見つからず、後になって意外なところから発見されることがあります。
仏壇の奥から死後10年も経って見つかったことも現実にあります。

では、遺産分割も終わった後に遺言が見つかったらどうなるのでしょうか。
相続人のうち一人でも、遺言書の内容で相続したいと言い出したら、遺産分割協議は錯誤により無効となり、遺言に従って、遺産を分け直することになります。

「今更、遺言書がでてきて、自宅を弟にとられてしまうなんて・・・。」ということが現実に起こるかもしれません。

遺言を書いて、遺言書を大事にタンスの奥しまって、安心・・・してしまわないでください。
「書いた遺言は、死後、遺族に渡るように、エンディングノートに保管場所を書くなどするまでが、遺言書の作成なのだ」と思った方が良いでしょう。

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2015年10月01日

【相続】遺産分割を放置しておくとどうなる?

質問:遺産分割を放置しておくとどんなデメリットがありますか? 

亡くなった祖父名義の登記になっており、道路の拡幅や、自宅の立替えがうまくいかないという相談が結構あります。

この場合、相続人となっている親戚とは付合いがなくなっていることが多いです。

親戚づきあいがなくなっている場合、こちらが名義変更をしたいという事情を理解してもらえなかったり、親戚同士の遠慮がなく多額の相続分の請求をされたりして、話し合いがうまくいかないことがあります。

遺産分割を放置したことで、子や孫の世代にまで迷惑をかけることになりかねません。

相続人間で仲が悪くて話し合いができなかったり、相続人間が疎遠で話し合いが億劫だったりしても、弁護士に依頼して遺産分割協議を働きかけたり、遺産分割調停を申し立てたりして、子や孫の世代に迷惑をかけないようにしなければなりません。

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2015年10月01日

【相続】借金も相続するの?

質問:家族が死亡して借金があることが判りました。借金は代わって払わなければいけませんか 

家族が死亡した場合、何もしなければ相続人に法定相続分に応じて借金の返済義務が生じます。

しかし、それぞれの相続人には、被相続人の遺産と債務を相続するか否かの自由があります(相続放棄)。また、相続財産の範囲内で債務も相続して弁済するが、それ以上の債務は相続しないこと(限定承認)も可能です。

いずれの方法をとる場合も、原則として、家族が死亡したことを知った日から3カ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述手続きをしなければなりません。

相続財産を一部でも処分したり、3カ月以内に家庭裁判所への相続放棄の手続きしなかったりすると、相続放棄ができなくなる可能性があるので注意してください。

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2015年10月01日

【相続】遺産分割でもらえることになったお金(代償金)が支払われないとき

質問:父がなくなり、相続人は私と兄だけです。兄が不動産をすべて相続し、私は兄から代償金1000万円をもらう約束で遺産分割協議書を作成したのですが、1年経っても兄は1000万円を払ってくれません。遺産分割協議を無効にできませんか? 

 お兄さんが代償金を払ってくれなくても、遺産分割協議を無効にしたり、債務不履行解除をしたりすることはできません。
 代償金を支払わせるための手段をとることになります。

1 代償金とは?
 例えば、相続人の1人が自分の取り分(相続分)を超えて不動産を相続する場合、自分の取り分を超えた分に相当するお金を他の相続人に支払うものです。

2 代償金が支払われない場合に取り得る手段

(1)遺産分割調停や審判で合意した場合
 調停調書や審判書を使って、兄の財産を差し押さえたりすることができます。

(2)公正証書の形式で遺産分割協議書を作成した場合
 代償金の支払いがない場合に強制執行ができる旨の条項を入れていれば、兄の財産を差押えることができます。

(3)遺産分割協議書しかない場合
 ①遺産分割後の紛争調停を家庭裁判所に申し立てて、調停の中で支払いを求める。

 ②民事訴訟で、約束した代償金の支払いを求める裁判を起こす。

 ご質問の事例の場合、遺産分割協議書しかないので、家庭裁判所に調停を起こすか、民事訴訟を提起して、代償金の支払いを求めることになります。

 白山・野々市法律事務所では、安心して相談に来ていただけるように、初回の法律相談を無料でできるようにしています。もちろん、相続(遺産分割、遺留分減殺請求、特別受益、寄与分など)の相談も無料です。
また、「弁護士費用(料金)」についても、HP上で明記しています。
安心してご依頼ください。
ご予約は、電話(076-259-5930)からお取りください

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2015年10月01日

【相続】相続について、弁護士・税理士・司法書士が連携して対応します

相続のことなら、弁護士・司法書士・税理士の連携がある相続円満サポートエイトにご相談ください。

相続手続きといえば、どの専門家に依頼しますか?

弁護士でしょうか?税理士でしょうか?

相続税の申告では、「税理士」、相続の登記では、「司法書士」、相続の争いになれば、「弁護士」の出番となります。

相続手続きでは、「場面ごとに、専門家を探さないといけないの!?」と嘆かれる方は、実際とても多いのです。

そこで、相続手続きをトータルで相談したり、依頼できるようにするために、野々市の税理士・弁護士・司法書士など8名が集まって、「相続円満サポート8」を結成しました。

毎月8がつく日(8日、18日、28日)に、無料相談を開催しています。

076-249-8553
までお気軽にお電話ください。

白山・野々市法律事務所では、安心して相談に来ていただけるように、初回の法律相談を無料でできるようにしています。もちろん、相続(遺産分割、遺言、寄与分、特別受益など)の相談も無料です。また、「弁護士費用(料金)」についても、HP上で明記しています。 安心してご依頼ください。ご予約は、電話(076-259-5930)からお取りください。

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2015年10月01日

【弁護士】弁護士に依頼するメリットって何?

弁護士に依頼するメリットは、何でしょうか?

(1)交渉が円滑に進むことがあります。
 弁護士が代理人となって交渉を始めると、これまで当事者同士で、何度話し合っても前に進まなかったトラブルに、一定の前進が見られることが多いです。

(2)適切な法的処置をとることができます。
 交渉が行き詰った場合、裁判所での解決を考えることになります。弁護士は、裁判手続きの代理をすることができますので、交渉がとん挫しても、裁判での解決をそのまま依頼することができます。

(3)裁判のプロです。
 裁判は、当事者本人でもできます。しかし、法律知識や必要な場面や、適切な書面を作成し、適切な時期に提出しなかければいけないこともあります。弁護士に依頼しなければ、難しい裁判もあるということです。

(4)相手方と接触しなくて済みます。
 弁護士に依頼した場合、相手方とのやりとりは弁護士に任せることができます。

 白山・野々市法律事務所では、安心して相談に来ていただけるように、初回の法律相談を無料でできるようにしています。もちろん、一般の法律相談(離婚、相続、交通事故、借金のお悩み、自己破産、個人再生など)の相談も無料です。また、「弁護士費用(料金)」についても、HP上で明記しています。 安心してご依頼ください。ご予約は、電話(076-259-5930)からお取りください。

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2015年10月01日

【弁護士】法テラスのご利用について

法テラスについて教えてください。

 公的な機関である法テラスでは、弁護士の費用を支払う余裕のない方に対して、その費用を立て替える制度(法律扶助制度)を用意しています。白山・野々市法律事務所でも、法律扶助制度を利用することができますので、御安心ください。

      「民事法律扶助の料金表」(PDF)

 法律扶助を利用した場合の「料金表」です。なお、料金(弁護士費用)は扶助を利用した場合安くなりますが、正確な料金を見積もることができません。

 また、法律扶助制度のご利用には、収入などの一定の要件を満たす必要があります。ご利用条件等につきましては、上記法テラスのバナーまたは、下記リンクからご確認ください。

      <法テラスを使おう!>(PDFファイル)

 「法テラスとは?」
 「民事法律扶助ってなに?」
 「法テラスを利用するにはどうしたらいいの?」
 「法テラスを利用するメリットって何?」など、
 法テラスがやっている仕事の内容や利用方法などについて、法テラスを「知りたい!」「利用したい」という方のために、<法テラスを使おう>を作りました。

自治体職員さんや、公共の団体・施設の方も、利用者さんへの法テラスの説明や案内にご利用ください。

法テラス

ご自分が法テラスを利用できるかチェックできます。
上記バナーをクリックしてください。

 白山・野々市法律事務所では、安心して相談に来ていただけるように、初回の法律相談を無料でできるようにしています。もちろん、一般の法律相談(離婚、相続、交通事故、借金のお悩み、自己破産、個人再生など)の相談も無料です。また、「弁護士費用(料金)」についても、HP上で明記しています。 安心してご依頼ください。ご予約は、電話(076-259-5930)からお取りください。

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2015年10月01日

【弁護士】弁護士費用は安くない?

弁護士費用は安くならない?

 弁護士の費用・料金は、ほとんどのケースで10万円を越えるので、一般市民からすれば安くはないと感じて当然だと思います。

 それではどうして弁護士の費用は安くないのでしょうか?
 結論から言えば、弁護士の仕事の多くが「オーダーメイド」だからです。

 法律トラブルは多岐にわたり、一つとして同じ事件はありません。
 弁護士は、大量生産のできない個別案件に対して、毎回「オーダーメイド」で、事件の解決に尽力しています。
 「オーダーメイド」なので、弁護士が工夫しても弁護士費用を安くするには限度がでてきます。

 弁護士がやっていることを例にあげますと、
①多くの訴訟事件では、裁判所に少なくとも5~6回は行く必要があります。往復の時間を考えると最低1時間はその事件に費やしています。
②依頼者とも同じくらい打ち合わせをさせてもらっています。1回1時間以上は使っています。
③さらに、裁判所や依頼者の見えないところで、書面を作成しなくてはならなりません。この書面もいきなり書けるわけではなく、依頼者が持参した証拠を分析したり、法律関係や事実関係を調査したり、そういう事前準備を経てようやく作成できます。何日もかかるような場合もあります。

 このように、依頼者の見えるところだけでなく見えないところでも、弁護士はその解決のために、かなりの時間を費やしています。
 1件1件にたくさんの時間を費やさざるをえない一方、弁護士は、自分の生活、事務員さんの給料、や家賃等の経費を賄わなければならないのです。
 そういう事情から弁護士費用は弁護士が業務の効率化を進めても、一定以上は安くできないのです。

 あとは、みなさんにとって、弁護士費用が、自分にとって、高いか安いかを、各自で考えられて、弁護士をつけるかどうか、どの弁護士を依頼するかを決めていただくしかありません。

 訴額が低い事件では取り返したお金の2~3割を、着手金と報酬の合計でもらう場合もあります。
高いようにも感じますが、自分でできないことを弁護士にやってもらって、7割も取り返すことができたというのであれば、当然安かったということになります。

 また,自分だけで裁判をやるのは不安で精神的にしんどいかったので弁護士をつけて安心できましたとの声をいただくこともあります。その方にとっては、安心料として必ずしも高くなかったのだと思います。

 なお、いい弁護士を探すのは、弁護士費用の高い・安いだけで決めてはいけないと思います。どの世界でも、安かろう悪かろうというのは当然あります。
 自分が受けるサービスに見合ったお金を出すのかどうかを冷静に考えることは忘れてはいけません。   

 白山・野々市法律事務所では、安心して相談に来ていただけるように、初回の法律相談を無料でできるようにしています。もちろん、一般の法律相談(離婚、相続、交通事故、借金のお悩み、自己破産、個人再生など)の相談も無料です。また、「弁護士費用(料金)」についても、HP上で明記しています。 安心してご依頼ください。ご予約は、電話(076-259-5930)からお取りください。

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2015年10月01日

【離婚】離婚と氏(苗字)と戸籍

質問:離婚と氏について教えてください。  

 離婚した場合、氏を旧姓に戻すか、旧姓に戻さずに婚姻時の氏をそのまま使うか決めることになります。
 未成年の子がいる場合には、子の戸籍と氏(苗字)の問題もあります。
 今回は、離婚と氏と戸籍について、お話したいと思います。

1 離婚後の氏(苗字)と戸籍
 離婚した場合、夫婦の氏・戸籍はどうなるでしょうか?

本人の氏
 結婚するときに氏を変更した方は、離婚をすると原則として結婚前の氏(苗字)に戻りますが、婚姻時の氏(苗字)のままでいることも可能です。
 結婚前の氏(苗字)に戻る場合は、離婚届に旧姓を記載する欄がありますので、記載すれば足ります。婚姻時の氏のままでいたい方は、離婚届の所定欄に旧姓を記載しないことに加えて、離婚後3か月以内に、氏を変更しない旨の届け出が必要です。

本人の戸籍
 離婚をすると、戸籍も元配偶者とはそれぞれ別々になります。一般的には、結婚の際に氏(苗字)を変更した方が、現在の戸籍から除かれる形になります。除かれた後どうなるかですが、新しく戸籍を作るか、元の戸籍に戻るか、選択できます。離婚届にその旨を記載する欄がありますので、記載してください。この記載がないと離婚届は受理してもらえないことがありますので、ご注意ください。

2 子供の氏(苗字)と戸籍
 それでは、両親が離婚した場合、子どもの氏(苗字)や戸籍はどうなるでしょうか。

子の氏
 離婚しても子の氏(苗字)は当然に変更されるわけではありません。仮に離婚した際に、親権者が氏(苗字)を旧姓に戻す場合、子と親の氏(苗字)が一致しないことになってしまいます。このような不都合が生じないように、離婚後、家庭裁判所に申し立てをして、子の氏を変更することになります。

子の戸籍
 夫婦が離婚して、親権者が新戸籍を作った場合でも、子の戸籍が当然に親権者の戸籍に移るわけではありません。これは、親権者が旧姓に戻すか、戻さないかには関係ありません。新戸籍を作った親権者は、自分の戸籍に子供を入れるために、家庭裁判所に子の氏を変更する申立をしなければいけないことになります。
 なお、成人の子でも、自分で家庭裁判所に氏の変更を申し立てて、母の戸籍に入ることができます。

3 離婚と離縁と戸籍
 夫(B氏)が妻(A氏)の両親と養子縁組をする婿養子に入る(A氏)こともあります。その後、生まれた子はもちろんA氏です。
 一度見た話ですが、夫婦が離婚して妻が新戸籍を作りましたが、妻は子を新戸籍に移すのを忘れてしまいます。妻が忘れた理由は、子もA氏で変わらないからです。
その後、夫は妻の両親と離縁して、B氏に戻して新戸籍を作ります。
 そうなると、なんと、夫と妻が除籍された戸籍に、子だけが残るという奇妙な戸籍ができます。
 それでも、子はA氏なので、誰も気づかずに1年以上経っていました。

 このように、離婚と氏(苗字)と戸籍は、なかなか分かりにくい関係にあります。
 分からなくなった場合には、市役所、裁判所に行って「こういう戸籍にしたい」と率直に聞いてもらった方が良いですよ。

 白山・野々市法律事務所では、安心して相談に来ていただけるように、初回の法律相談を無料でできるようにしています。もちろん、離婚(離婚の可否、慰謝料、親権、養育費、婚姻費用、財産分与など)の相談も無料です。
また、「弁護士費用(料金)」についても、HP上で明記しています。
安心してご依頼ください。
ご予約は、電話(076-259-5930)からお取りください。

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2015年10月01日

【離婚】離婚とニートの扶養義務

質問:離婚は決まったのですが、ひきこもりの30歳の息子がいます。家を出る私は面倒をみなくていいですよね?  

結論としては、親である以上、子どもへの扶養義務は消えません。

しかし、成人の子供に対する扶養義務は、未成年の子供に対する扶養義務とは異なります。

成人の子供に対する扶養義務は、親に「経済的余裕」がある場合に限ります。

とはいえ、世間的にも放置はできないかもしれません。

離婚した両親が、成人の息子の扶養について決めたい場合、家庭裁判所で、扶養の調停・審判を行うことができます。
裁判所のご利用も選択肢としてお検討ください。

 白山・野々市法律事務所では、安心して相談に来ていただけるように、初回の法律相談を無料でできるようにしています。もちろん、離婚(離婚の可否、慰謝料、親権、養育費、婚姻費用、財産分与など)の相談も無料です。
また、「弁護士費用(料金)」についても、HP上で明記しています。
安心してご依頼ください。
ご予約は、電話(076-259-5930)からお取りください。

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2015年10月01日

【福祉】評議員会とは何か【社会福祉法人】

質問:社会福祉法人(保育園、幼稚園、こども園、介護施設)を運営していますが、平成29年4月に社会福祉法改正が施行されて、評議員会が必要になったということですが、評議員会って何なのでしょうか?

1 評議員会とは?
 評議員会とは、社会福祉法人運営の基本ルール・体制を決定するとともに、役員の選任・解任を通じ、事後的に社会福祉法人運営を監督する役割を果たす機関のことです。
 平成29年4月の社会福祉法改正施行に伴い、必要的機関となりました。

2 評議員会の権限
 評議員会は、「社会福祉法に規定する事項」「定款に定める事項」限り決議することができます。(社会福祉法45条の8②)

 評議員会で決議できる事項は、下記のとおりです。

(1)理事及び監事(及び、会計監査人)の選任・解任(法43条①、45条の4①、②)
(2)理事及び監事の報酬等の額(45条の16④、45条の18③)
(3)理事及び監事並びに評議員に対する報酬等の支給基準(45条の35②)
(4)計算書類(貸借対照表及び収支計算書)及び財産目録の承認(45条の30②)
(5)定款の変更(45条の36①)
(6)残余財産の処分(47条①)
(7)基本財産の処分
(8)社会福祉充実計画の承認(55条の2⑦)
(9)その他評議員会で決議するものとして法令又は定款で定められた事項

3 決議
 出席評議員の過半数の多数で可決されます。
 ただし、監事の解任、社会福祉法人に対する役員の損害賠償の一部免除、定款の変更、吸収合併・新設合併の承認などの事項については、評議員の3分の2以上の多数が必要となります。

4 評議員の権限
① 議題の提案権
  ただし、評議員会の4週間前に提案請求すること
② 議案の提案権
  議題の範囲内で提案すること
③ 評議員会招集権
  一定の場合可能。

5 評議員の任期
 選任されて4年後の定時評議員会終結時まで。
 定款で6年に延長可(41条)
 再任可

 白山・野々市法律事務所では、安心して相談に来ていただけるように、初回の法律相談を無料でできるようにしています。もちろん、
また、「弁護士費用(料金)」についても、HP上で明記しています。
安心してご依頼ください。
ご予約は、電話(076-259-5930)からお取りください。

交通事故、相続、遺産争い(遺産分割や遺留分)、離婚、借金(破産、任意整理、個人再生)などのトラブルでお悩みの方は、
①相続に強い!(遺産分割、遺言、遺留分、養子等)
②交通事故に強い!(後遺障害、後遺症、休業損害、慰謝料、物損等)
③離婚に強い!
④借金に強い!(破産、個人再生、任意整理)
⑤初回の法律相談が無料
で安心の白山・野々市法律事務所にご相談ください。

白山・野々市法律事務所は、野々市小学校正面、国道175号線沿いにありますので、白山市、金沢、能美市、川北町、小松市などにお住まいの方も迷わずにお越しいただけております。

また、弁護士3名体制(女性弁護士在籍)なので、ご相談内容(例:DV事件、遺産分割、遺言、交通事故等)に対して適した弁護士が皆様のお悩みにお答えします。

2017年06月23日